FC2ブログ

【6月終わりの、藍】


5月初めには、2㎝から5㎝くらいだった、藍。
育ってくれるか不安でしたが。
もう、地面が見えないほど。
藍が育つと、夏が来た、と実感し、ちょっとほっとするような。
7月初めには、今年最初の生葉染めができそうです。
スポンサーサイト



【「染め」で創る色とカタチ さまざまな染め】

FullSizeRender_201606212227126c0.jpg
16日に、【「染め」で創る色とカタチ】無事終了しました。
お忙しい中、遠方から来てくださった方々、ありがとうございました。
染め、とひとことで言っても、
型絵染め、注染、南部炭染め、私は天然染料での染め、と。
技法も、色の出し方もそれぞれ違い。
他の方の染めは、私自身にとっても、興味深く。
南部炭、炭で、このような繊細な色を出せるのか、本当に不思議。
グレーの濃淡が美しく。
IMG_2345.jpg
IMG_2343.jpg
型絵染め、和紙に写る色のぼかしも綺麗で。
夏の湘南が鮮やかに。
技法の工程の説明にも、細かく見入ってしまう。
IMG_2348.jpg
FullSizeRender_20160621222914f7e.jpg
そして自分の、天然のもので染めることへのこだわりを、顧みる。
できるだけ澄んだ色を、透明感のある色を
纏ったとき、心弾むような、そして穏やかになるように。
今年後半は、自分の創っているものを、わかりやすく伝えられるように、見せれるように。
あと、染めた真綿も溜まってきたので、糸作りも少し再開したい、と思っています。
染めた糸で、作るものも考えつつ。
新しいことへのきっかけにもなった、今年の逗子、でした。
FullSizeRender_20160621222443c9a.jpg

【染めで創る色とカタチ】

今年も、出品させて戴きます。
6月10日(金)〜16日(木)
スタジオ・オーク
逗子の爽やかな風を感じながら、染めものを見にきて戴けたら嬉しいです。
今回は、型染め、板締めなど、さまざまな染めの方が出ています。

2016 オークjpeg DMレイアウト