FC2ブログ

【手漉き和紙を黄檗で染める】

先週、鎌倉鎌倉東慶寺にて
【手漉き和紙を黄檗で染める】、ワークショップに参加しました。

FullSizeRender_20161016235431e88.jpg




講師は、京都の吉岡更紗さん。
姿勢の良い、凛とした方。
(更紗さんのお父様は吉岡幸雄氏。
かなり以前、出版のお仕事のときに、とてもお世話にもなっています。)

今回染めるのは写経用で、染めるため、楮をわざと少し入れてもらったとのこと。


黄檗(きはだ)は、虫除けにもなるため、
正倉院にも、黄檗で染めたものが残ってるそう。




黄檗を濃いめに煮出した染液を、刷毛に浸し、
固定した和紙に、染めていく。

FullSizeRender_201610162355336ad.jpg


呼吸を整え、前後に刷毛をすべらしていく。
百連舎の外は、激しい雨音。
建物の中は、一種緊張感が漂う、静けさと。

FullSizeRender_20161016235726a90.jpg


写真の赤い和紙の椿は、吉岡家が、二月堂のお水取りのときにささげるもの。
鮮やかで濁りのない赤。
紅花で6回も染めているそう。
この花を、生の椿の木に飾る。


紙も繊維。
染めることで、書の寿命を延ばし、大切に保存する。
古のひとの知恵は、本当に奥深く。

IMG_3881.jpg



IMG_3917.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント